そのねこが学ぶとき

ブログ移行しました→ http://chroju.github.io

今年はほぼ日からEDITに浮気しました

ほぼ日→EDIT

浮気しました。

就職2年目から2年間ほぼ日手帳を使い続けたけど、今年はEDIT。ライバル側に浮気してしまいました。理由はいくつかある。ほぼ日手帳に愛想を尽かした点が多いかな。

  • 紙面サイズが小さい。EDITの方が書くスペースが多い。
  • 「今日の一言」が邪魔。手帳を書くときに脇目を逸らしたくない。
  • 価格が高い。一番安いタイプだと、ポリエステルカバーのザラザラした手触りが苦手。

これはほぼ日が悪いというより、単に好みの問題だと思ってる。いわゆる「ほぼ日らしさ」が好きな人であれば多分たまらないんだろうし、俺も当初はそうだったんだけど、仕事で書くことが増えたり、もっといろんな用途で使いたくなってくると、徐々に物足りなくなってきた。よりシンプルで、スマートな印象があるEDITの方が魅力的に見えてしまった。

まだ使い始めて3日なのだが、EDITにも当然いまいちだなぁという点はある。

  • ペンを挿すパーツがチープで心許ない。ほぼ日のバタフライストッパーは素敵。
  • 紙質がすべっすべで気持ちいいんだけど、心持ちめくりにくい。
  • ほぼ日の月ごとにインク色が違うのは、パラパラめくるときにすごいわかりやすかった。

このあたりはトレードオフなので、両方使ってみて「より良い方」を選べばいいだけの話。ただし、手帳は1年ものなので、なかなか「気に入らないから買い直そう」というのがすぐ出来ないのが痛いところ。本来あるべき姿としては、あまりツールが何であるかにこだわりすぎず、出来るやり方でやってみることこそが重要なんだろう。物理的なガジェットだけじゃなく、タスク管理サービスとかでもそうだと思う(Wunderlistがいいか、Google Tasksがいいかで1か月悩んだことへの自戒。。。)